1F 野依眼科


ショップロゴ ショップ写真
業種・取扱 眼科
営業時間 午前 10:30~13:00(受付時間は12:45まで)
午後 14:00~18:30(受付時間は18:15まで)

休診日:月曜日 ※月曜日が休日の場合、診療します。

コンタクトレンズが初めての方は午前12時まで 午後は5時までにお越しください。
詳しくはお問い合わせください。
電話番号 0532-21-9971
診療内容
眼科一般・アレルギー(花粉症)
眼精疲労・ドライアイ・眼鏡・コンタクトレンズ処方
公式サイト https://noyori-ganka.navi-clinic.jp/

>>ショップ一覧に戻る



ショップからのお知らせ


2023.3.13

ヒノキの花粉の季節ですね


ヒノキ花粉の大きさは、20μmであるスギ花粉よりやや大きめの30μm〜40μm。
スギ花粉は黄色ですが、ヒノキ花粉はやや赤色です。
ヒノキ花粉の飛散時期はスギ花粉の飛散時期より約1カ月遅い、3月下旬から5月上旬。
つまり、4月になって、目のかゆみ、鼻水、くしゃみ、鼻づまりが出てきたり、ひどくなったりする場合、ヒノキ花粉に対する花粉症かもしれません。
ヒノキ花粉とスギ花粉と似た成分もあるために、スギ花粉に対するアレルギーのある人はヒノキ花粉にもアレルギーを起こすことがあります。

症状がひどくなる前に早目の眼科の受診をおすすめします。





2023.2.13

今年も花粉の季節がやってまいりました。


花粉症は、スギなどの植物の花粉が原因で起こるアレルギー疾患で、日本では約60種類の原因植物が知られています。

くしゃみ、鼻みずといった鼻の症状や、目のかゆみ、充血といった目の症状が一般的ですが、人によっては、皮膚のかゆみ、のどの痛みやかゆみ、せき、頭痛、発熱などあらゆる症状があらわれます。

花粉症は「国民病」ともいわれ、全国47都道府県を対象とした最近の調査では、日本人の2人に1人が花粉症の可能性があると報告されています。

本格的に花粉が飛散する前、または症状の軽いうちから鼻炎薬を服用しておけば(初期療法)、花粉の飛散量が多い時期のつらい鼻炎症状を緩和してくれます。

花粉情報に注意しながら、花粉による鼻のムズムズを感じたら、アレルギー症状を抑える作用のある鼻炎薬を早めに服用し、対処しましょう。

もちろん当院でも処方可能です。

愛知県では2月下旬ごろから本格的に飛びはじめる予想になっています。

はやめにご相談ください。





2023.1.13

ドライアイを放置しないで


ドライアイを放置していると通常よりも目に負担がかかりやすくなった結果、目の疲労などが蓄積されてそれが原因となり眼精疲労などの疲れ目を起因とする症状に繋がる可能性がありますし、ドライアイによって目に傷をつけてしまう結果となり、そこから、別の症状に繋がっていく可能性も!!
早めの診療をおススメします。





2022.10.11

ドライアイ


ドライアイとは、目を守るのに欠かせない涙の量が不足したり、涙の質のバランスが崩れることによって涙が均等に行きわたらなくなる病気です。

また、目の表面に傷を付けてしまうこともあります。
高齢化、エアコンの使用、パソコンやスマートフォンの使用、コンタクトレンズ装用者の増加に伴い、ドライアイの患者さんも増えています。

更に、重症のドライアイは、中年女性を中心に多く見られる「シェーグレン症候群」を伴っている場合があります。

軽く考えず、眼科医に相談しましょう。





2022.9.5

あなたの目疲れていませんか


充血やかすみといった一時的な目の症状は「疲れ目」です。
パソコンやスマートフォンなどが普及し、目の不調を訴える方が増えてきました。
単なる疲れ目と考えず一度、眼科で検査することをおすすめします。





2022.4.5

学校検診のメリットをご存知でしょうか。


学校で毎年同じ時期に検査を行うことで、病気の早期発見・早期治療が出来るのです。
しかしながら学校では病院のように一人ひとりを丁寧に見ることが難しいです。
その為、気になる箇所があれば病院で再検査を行うという方法をとっています。
再検査の紙を貰われた方は、早めのご受診をお願い致します。





2022.1.24

花粉症の時期が近づいてきました。


花粉症とは、花粉をアレルゲンとする花粉アレルギーです。
アレルゲンは日本国内だけで60種類以上が確認されています。

本格的に花粉が飛散する前に、先手を打ってアレルギー専用鼻炎薬を飲んでおくと、症状がひどくなる前に効果を発揮してくれます。

早めの対策で少しでも症状を軽くしましょう。





2021.10.11

あなたの目、ドライアイになっていませんか?


ドライアイは、目を守るのに欠かせない涙の量が不足したり、涙の質のバランスが崩れることによって
涙が均等に行きわたらなくなる病気です。目に傷を付けてしまうこともあります。軽く考えず眼科医に相談しましょう。





2021.9.1

10月10日は「目の愛護デー」


ソフトコンタクトは目に傷があっても気づきにくいレンズです。
この機会に一度眼科の受診を受けてください。